土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
無題。
2011-12-30-Fri  CATEGORY: 未分類
 晴天。体調は、まずまず。
 

 今年は、はじめての入院・手術という(貴重な?)体験をさせてもらった。

 今は、再発しないように(5年以内に再発しなければOKだそうだ)、できるだけ注意をはらって生活しているつもりだ。
 おかけで体重は65k台まで下がり、体も軽く感じられる。

 一病息災というが、かえって健康になっていく、そういう気もしている。

 さて、昨日から仕事休みに入り、ぼちぼち家の清掃をしながら、散歩に出かけたりしている。


 明日は、例年の半分ぐらいだが、年越し用のそば打ちをやってみようと考えている。

 正月休みに読む本も、三冊ほど準備した。

 「天地明察・・・・・沖方丁」碁打、数学、天文学を究めた暦学者の渋川春海という人を描いた小説だ。

 「街場のメディア論・・・・・内田樹」かなり前に購入して積んどくになっていた本。拾い読みしてみると、なかなかおもしろい。

 あとは、自分の病気の付き合い方の本。

 この三冊である。




 まだ、年賀状も書いていない。

 今年こそ、書きたいものである。




 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.