土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
電動アシスト自転車とバタバタ
2012-02-20-Mon  CATEGORY: 未分類
 電動アシスト自転車といっていいのか。家人が日常乗るために購入した。

 で、試し乗りしてみた。自転車そのものは重たいが、走行するときは関係ない。坂道を上るときは自動でアシストしてくれるので楽だ。

 子供の頃、流行ったホンダの「バタバタ」を思い出した。エンジンで動くのではないので「バタバタ」みたいに音がやかましくない。

 田坂広志が、螺旋階段を上るように技術がやシステムが発展してきた、みたいな事を書いていたが、これなど典型的な事例かもしれない。昔の流行ったものが、さらに進歩改良されて、再登場してくる、いい事例だ。

 


今朝、出社途中、昨年末にお世話になった病院をながめてみたら、私の入っていた病室に灯りがともっていた。どなたか入っているようだ。それを見ながら、また、あそこに入るのかと思うと、あの退屈な生活が思い出されてきた。

 というのは、この前の検診のとき、医師からすすめられて来月はじめから、再入院することになったのだ。入院生活はいやだけれど、複数の医師が協議した治療方針なので受け入れるしか選択肢はないのである。
 今回は一週間程度が予定されている。
 いっときは、仕事からまたも離れるので、月末まで残務整理を片付けてしまおう。

 このところ、体重減少にともない体が軽くなり「悪い」という自覚症状は特に感じないのだが、今後の治療方針にもかかわることなので仕方ない。

 自分自身は、今回のことについて、今のところ楽観的かつ安易にしか考えられなくて「なるようになる」とか「どうにかなる」と思っている。バタバタしても仕方ないし、これは「運」と思うしかない。「運」もいいと思えばいいし、よくないと思えばよくないのである。本人の取り方次第でどうにでもなる。

 しかし、こういったことを書くこと自体、気にしないといいつつも、どこかで気にしているのかもしれない。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.