土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
なつかしい
2012-04-25-Wed  CATEGORY: 未分類
午前5時20分起床。曇り。朝の外気温15℃。昼過ぎから黄砂まじりの雨。

 朝は、ご飯、豆腐と野菜の味噌汁、何種類かの野菜+何種類かの果物+豆乳の由美子特製のジュース、ひき割り納豆+塩麹、大根おろし+にし阿波産の柚子醤油、緑茶、ヤクルトミルミル。食事は、発酵食品と野菜・果物を意識的に摂取している。多分、以前の倍以上はとっていると思う。

 そのあと、嫌でたまらない「ゼローダ」を7錠とビタミンB12(メチコバール)1錠をぬるま湯で服用。

 ゼローダについては、飲むたびに「これ、飲んでいいのか」「飲みたくないなあ」「しかし、服用しないといけないのだろうなあ」「ま、飲んでおくか」という葛藤みたいなものが生じ、最終的には、医師のすすめるままに、言うことをきいて服用している。


「ゼローダ」→ ゼローダは体内に入ると肝臓や腫瘍内で代謝され 抗がん効果を持つ5-FUになるように工夫された薬です。 がん組織中に多く含まれるサイミジンフォスフォリラーゼという酵素により 5-FUに変換されるため、腫瘍内で高い5-FU濃度を維持し、 これまで有効な薬剤がなかった進行がんの治療への応用が期待されています。 既に有効性が証明されているのは転移・再発した乳がんと大腸がんに対してです。

「ビタミンB12」→神経の軸索に作用して、神経障害の回復を助ける作用があります。

 今朝も、快便。この調子がずっと続くといいな。
 毎夜のヨーグルト摂取のせいか。朝の納豆+塩麹のせいか。両方のせいか。他の要因によるものか。発酵食品のせいか。胃のほうは、悪心というのかゲップが出て依然として気持ちよくはないが、腸内環境はかなり改善されてきたように思える。悪心は多分薬の副作用だ。


にし阿波のブログを見ていたら、剣山観光リフトが今季の営業を開始したというのを知ったので、なつかしくなり剣山観光リフトの郡様にメールを送った。すぐに返事が返ってきた。

 郡様の御父上、郡 大さんは、父の親しい友人で教育長や貞光町長を歴任された方だ。私にとっては「信政」という名を命名してくれた名付け親である。映画でいえば「ゴッドファーザー」だ。父は、自分で命名した次男、三男が病気で早世したため、四男の私だけは、朋友の郡大さんに命名をお願いしたと聞いた。父が縁起みたいなものをかつぐなんて、今は信じられないが、父にとっては、よほどのことだったのだと思う。

 小さい頃、阿川酒造の南隣りの路地をはさんだ角地に郡大さんの呉服店があった。父に連れられて何回か遊びに行った。郡さん宅では、名前は忘れたが、頭のよい犬を飼っていた。その犬は、当時のTVで放映されていた「名犬ロンドン」連想させるような犬で、父になついていた。ほぼ毎日、夕方になると私の家に遊びに来た。玄関で「わん、わん」と吠える。戸を開けるのが遅れると、ガジガジと扉をひっかいた。父が「よーし、よしよし」と全身を撫でてやると、すぐに、自宅に戻っていった。その去り方が「名犬ロンドン」を連想させたのだ。

 私は、名付け親の郡大さんから、折にふれて、当時の子供にとっては大枚の小遣いを頂いていたものだ。中学時代頃まで継続していただいていた。

 体調が戻り、暇と余裕ができたら、貞光に行き、剣山リフトに乗って、久しぶりに1955mの頂上を目指してみたい。できれば、見ノ越や頂上ヒュッテなどで泊りたいものだ。


 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.