土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
寝ていたら。
2007-10-03-Wed  CATEGORY: 昭和の話
 ひなたが「じーちゃん、ねんねしよ」というので、添い寝していた。
 いつのまにか、うとうとした。

 うとうとした状態のなかで、故郷の情景がうかんできた。
 
 今でも、母が、ひとりで、家に住んでいて、
 七輪の側で、私が帰るのを待って、ちょこんと座っているような、そんな気持ちになった。

母。


 こういうとき、父が出てこない。
 父は外で仕事をしていて、母は、いつも、家に居た、そういう体験をつんできたせいかもしれない。

 今は、家もない。土地も人手に渡っている。
 父が生きていたら、今年で101歳。母は、99歳になるはずである。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.