土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
犬に噛みついた頃
2012-04-30-Mon  CATEGORY: 昭和の話
一枚の写真から。

 子供の頃、犬に噛み付いたことがある。

 その犬の写真が出てきた。スピッツだ。名前は忘れた。チロとかシロとかいったのかもしれない。
スピッツ


 
 この犬は、美馬生必(みませいひつ。卸問屋兼小売店)の共同経営者(多分)の飼い犬だ。
当時は、犬をつないで飼うという習慣はあまりなくて放し飼いが多かった。
ある日、このスピッツがひとりで我が家の近くに来たので「よしよし」と撫でていたら、いきなり手を噛まれた。

「痛っ!」

 私は条件反射的に前足をつかんでガブリと噛み返した。スピッツは「キャンキャン・・」と逃げて帰った。

 
 当時の犬は放し飼いが多いせいか、野良犬もたくさん居た。飼い犬と野良犬の区別は首輪のあるなしで判断していた。

 しかし、野良犬から危害を受けた記憶はない。野良犬があんなに居たのに路面は今よりもきれいだった。今は、田んぼや堤防を歩くと犬の糞をよけてあるくことがある。犬の糞害は人間が起こしているに違いない。

 この写真の後方には「茅葺屋根」がみえる。共同のゴミ箱もみえる。
 谷向こうの「石井のじーさん」の姿も写っている。石井のじーさんからは、よく怒られた。それも当然、私が悪いことばかりしていたから。


 幼児の記憶は三歳ころから覚えていて、もちろん、霞がかったような記憶で断片しか思い出せない。これが、5歳、6歳になってくると、はっきり度合いが増加してくる。

例えば「月がとっても青いからを聞いたのは3歳の頃」「若いお巡りさんは4歳の頃」「船方さんよは5歳の頃」「おーい中村君は6才の頃」・・と、歌手や歌詞だけでなく、その頃の情景が、だんだんとはっきりしてくる。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック1 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
まとめteみた.【犬に噛みついた頃】
トラックバックまとめwoネタ速suru 2012-04-30-Mon 11:31
一枚の写真から。子供の頃、犬に噛み付いたことがある。その犬の写真が出てきた。スピッツだ。名前は忘れた。チロとかシロとかいったのかもしれない。この犬は、美馬生必(みませいひつ。卸問屋兼小売店)の共同経営者(多分)の飼い犬だ。当時は、犬をつないで飼うという習慣...  [続きを読む]
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。