土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
出動!! 人海戦術
2012-06-19-Tue  CATEGORY: 建設
 昨夜の9時頃から11時過ぎまで、時間50mmを超える雨が降り続いた。どこかで災害が発生しなけれぱよいがと思いつつ、小降りになったので就寝した。

 明け方、枕元に置いてある携帯電話が鳴り始めた。

 「おっ、災害か」と受話器に耳を傾けたら、案の定、線路に土砂が流入しているので、すぐに現地に向かってほしいという出動要請だった。

 すぐに着替えて、現場が終わった社員に連絡してから本社に向かった。
 チェーンソウやスコップやガンづめなどの工具を積み込み、車2台に分乗して現地に向かった。

 行く途中、現地の情報が伝わってきた。かなり大量の土砂流入らしく、4人や5人ではどうにもならないと判断し、協力会社に支援を頼み、最終的には総勢30人ぐらいで人海戦術で作業を行った。

災害

災害復旧


 本来は、掘削機械を投入したかったのだけれど、寄り付きが悪く、現地への搬入もなかなかなので、要請者の意見をくんで、人海戦術とした。

 午前8時半頃には、なんとか形がついた。
 人の力というのは、たいしたものだ。


 自分たち、土木屋は、掘削=掘削機械というのが、常識で、それしか考えられないというという傾向が強い。少しでも楽して、早く、仕事を終えたいからでもある。

 でも、人数を沢山よせれば、機械以上のことは可能だ。機械の手配りをして、機械が現場に到着した頃には、人が多ければ、仕事も終わっている、という現実は、結構、多い。


 そのことを、しばらくぶりに思い出したようで、反省しているようなところである。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.