土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
断片的雑言
2012-06-20-Wed  CATEGORY: じーさんのひとり言
 明日は、病院に行くことになっている。血液検査、CT検査などを受ける予定だ。

 でも、大雨が降るとなれば、キャンセルして待機するかもしれない。まあ、明け方近くから降りも激しくなるだろうから、そのあとのことだ。
 



 世界遺産でなく「世間遺産」というフレーズを初めて聞いた。

 なかなか、面白いネーミングだ。
仰々しい「世界遺産」などより、身近にある「世間遺産」のほうが、いい。
「世間遺産」は、個人の思い入れや趣向によって違うだろうし、もし、募集すれば、沢山の、それぞれ違った「世間遺産」候補が集まるように思える。
 貞光町なら「町内のそこかしこに建てられているお堂の数々」「二層うだつの町並み」「昭和9年に建てられた貞光劇場」「大南町の百間長屋」「吉良の発電所」・・数え上げればまだまだ続く・・いや、町内全域が「世間遺産」かもしれない。
 延岡市なら、なんなのだろう。
 「世間遺産」を意識して周囲を観察したら、次の世代に大切にしてもらいたい「遺産」がいっぱい出てくるのだろうと思う。



 小沢一郎という方は好きではない。

 しかし、今回の、増税に関する反対意見は、うなづけるものがある。福祉、年金保険、官民格差などの結論を先延ばしにして、増税だけを先行して決めてしまうのは、如何なものかと思う。
 老人福祉、年金・保険、官民格差、議員定数、消費税等についての議論を尽くし、国民の大多数から理解を得てから、消費税増額に移るというのならわからないでもない。



 保育所や幼稚園を潰して、その跡に老人介護施設を建てる。

 私の近所でも似たようなことが起こっている。私どもの子供も通った幼稚園を潰して更地にして、そのあと、有料老人ホームを建設する計画が具体化している。
 子供は減る一方、お年寄りは増加の一途、私自身も、数年後には後者の範疇に位置するようになる。

 先を考えると、なんとも「ふーっ」とため息を付きたくなるではないか。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.