土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
とりあえず、安心!!
2012-07-03-Tue  CATEGORY: じーさんのひとり言
 
 今日は、病院に行った。
 先日のCT検査の説明を聞くためである。

 結果は、患部や周辺、肝臓、膵臓、胆管など、腫瘍は確認されなかった、という「一安心」の結果であった。


 正直に言うと、医師からがん告知を受けたときよりも、今回の方が不安感は強いものがあった。

 最初の告知のときも、少しショックを受けたものの、入院・手術・抗がん剤治療で「バタバタ」していたので忘れてしまっていた。

 しかし、抗がん剤治療が一段落して体調が快調になると、いろいろと別のことを考える余裕も出てきたりする。

 この病気(病気といえるのか疑問??)は、悪いところを切除して「完治しました」ではなく、多分、生涯にわたり付き合わなくてはならない、というのが、他の疾患と違うところだ。

 自分なりに、人事を尽くそうと思っている。


 

 

ガラス玉に金魚を十ばかり入れて机の上に置いてある。余は痛みをこらえながら病床からつくづくと見て居る。

 痛いことも痛いが綺麗な事もきれいぢや。


 正岡子規「墨汁一滴」より 青空文庫から引用


 

  

わが余命 いくばくありや 病床の窓辺に 跳び遊ぶ雀が可愛くてならぬ




 私の父。旅立つ5日ぐらい前の日付で紙切れの端に書かれていた・・のを思い出した・・


 いいなあ、子規。いいなあ、親父。凄いなあ、明治の男たち。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.