土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
のみ、しらみのことなど。
2012-10-23-Tue  CATEGORY: 昭和の話
 北海道の知人から、穫れたばかりの「新米」が届けられた。深川の米だ。
新米 北海道

まだ、食べていないが、楽しみである。




話は変わる。


高田渡の歌に「しらみの旅」というのがある。作詞は、明治・大正時代に活躍し演歌師の添田唖蝉坊という人だ。

♪ぞろりぞろりとはい行く先は
 右はわきの下、左は肩よ
 ボロボロ着物や汚れたシャツの
 縫い目、はぎ目を宿と決め
 明日は背中、今日は乳の下
 しらみの旅はいつまでつづく・・・



 また、奥の細道では、著名な俳句・

 

 のみ しらみ  馬の尿(しと)する枕元

がある。


 古今、のみやしらみのことを書いたものは多い。

 私たちの子供の頃にも、沢山の「蚤・シラミ・蚊・ハエ」が身近に生息していた。

 知り合いの四辻庚申通りの木下散髪店に行くと、毎回、決まって、散髪の前にツゲの櫛で頭髪をすく作業があった。ハサミやバリカンを入れる前の準備作業で、私のような子供を散髪するときの作業ルーチンになっていたのかもしれない。

 目の細かいツゲの櫛で髪の毛をすくと、毛髪の中にひそんでいる「シラミ」が取れるらしい。

 木下のおっさんが「わっ! おった、おった」「もう、ちょっと待っとってよ」「ほりゃ、じっとしといて」などと、云われるまま直立不動で木の椅子に腰掛けていたものだった。

 夜は、布団に横になると、今度は「蚤」たちが、どこからともなく、わいてきて、体のあちこちが痒くなり、寝てはいられなくなる場合もあったりする。

 しかたないので、布団から起き上がり頭上の白熱電灯を灯して、布団や、シャツの縫い目、はぎ目などをまさぐり、蚤を探す。見つけると、親指の爪と爪で挟んで「ぷちん」と退治する。「しらみの旅」で歌われた情景とそっくりだ。蚤は、装甲が硬いようで、指先で押しつけて揉んだぐらいでは、気を失うだけなのだ。

 同じ吸血昆虫でも、蚤は「メジャー」、蚊は「マイナー」という印象がある。蚊は日本脳炎などの伝染病を仲介するが、蚤は、噛まれると、ただ、痒いだけであった。

蚤のジャンプ力は、すごいものがあった。子供の腰ぐらいの高さまでは飛びついてきていたもの。

「蚊」は、あとで「哀れ蚊」という言葉を知った。
太宰治の「津軽」に出てきたと思う。晩秋の「蚊」は「哀れ蚊」といって、かわいそうなので打ってはならないという話だった。

 今は、蚤を見ることはない。蚊もこの頃は減少してきている。人間にとっては住みやすくなっている。水もきれいだし、冷蔵庫があるので食品も長持ちする。蠅がぶんぶんと飛び回っていたゴミ箱もないし、
いいことだと思うが、本当にいいことなのかは、もっと時間が立たないとわからない。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.