土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
母の味ほか
2012-12-20-Thu  CATEGORY: 食べ物
 今朝の外気温は0度。寒いはずである。


 協力会社さんたちも招いてのBCP(事業継続計画)セミナーを企画し、この前、ほぼ一日がかりでやった。

専門講師の発言に「なるほど」と共感。

このように云った。「BCPで最も重要なことは自分が被災しないことです」

当たり前かもしれないが、たしかに、自分や自分の家族、自分の家が被災し大変な状態になっていたら、こころおきなく災害時の出動や復旧作業に出ていくのは難しくBCPの実施は困難だ。

 社屋が壊れたり、現場に被害が及んだりしたら、BCPもあったもんじゃない。

 各自が被災しないこと、現実には難しいかもしれないが、これがいちばん大切、なるほどと思った。





母の味。

 乳母日傘(おんばひがさ)で幼少時代を過ごした母は、父と結婚した頃、ご飯の炊き方も茶碗へのよそいかたも知らなかったという。

 そんな母の料理のレパトーリーは少なかった。もっとも、当時の赤貧洗うが如しの環境のなかでは、物理的に広げられることはできなかったのだろう。

 でも、得意料理はあった。母の味である。
 五目寿司。だんご汁。魚寿司。蒸しだんご。カレーライスなどである。
 五目寿司をつくるときなどは、母の隣に座り、すし飯をつくるはなから、母から「だめっ」と叱られながらも横から手を伸ばして食べていたものだ。

 母のカレーライスは、肉が入ることはあまりなかった。肉の代りは魚肉ソーセージだ。当時は、牛肉も豚肉も高くて、庶民は簡単には買えなかった。


 還暦を過ぎた今も、家人のこさえる五目寿司、だんご汁、団子、カレーライスなど大好物である。
子供の頃の好物は、歳を重ねるほど子供の舌に似かよってくるのにちがいない。
家人にリクエストして、近いうちに魚肉ソーセージ入りのカレーライスをつくってもらおう、そう思っている。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.