土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
冬の朝
2013-01-30-Wed  CATEGORY: 未分類
 冬の朝は寒い。

少年の頃、吉永小百合が唄っていた。

♪北風吹きぬく 寒い朝も こころひとつで暖かくなる~ざっくり・・



そういわれても、朝は、やっぱり寒い。

でも、いいこともある。

夜明け前の景色である。

晴れると寒いが、景色はきれいになる。

夜から朝に移るまでの、短い時間の景色は格別だ。

東の空は紅く染まりはじめる。


工場のバイオマス発電施設や工場の煙突
朝焼け



西の空に目を転じると、行縢山に月がかかろうとしている。
むかばき

これが、同時に見える。


標高831mの行縢山は、このあたりでは目立つ形容をしている。

宮崎県北部にある大規模なリングダイク(環状山脈)の山並みの一つだ。

ここには伝説がある。

 ヤマトタケルノミコトが行縢山に住んでいた熊襲の首魁、カワカミタケルを征伐したという説話だ。

ふもとには、あの剛弓で有名な鎮西八郎源為朝が腰掛けたと伝えられる「腰掛石」も祀られている。

行縢山の雌岳と雄岳の間は二つの絶壁を分断して滝が落ちていたりする。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.