土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
土曜日の朝の空。
2013-02-18-Mon  CATEGORY: 未分類
土曜日の朝。外気温0℃。

朝食前に犬を連れて散歩に出た。
見あげると久しぶりの星空。
ポケットからスモホを取り出しスカイマップを開いて星空にかざす。

 星の名前がリアルタイムでわかるというのでダウンロードしていたのを試してみたのだ。

 
 犬が、急に立ち止まった私を見上げ「先に行こう」とせかす。
 構わず「まあ、待て」と、ひときわ明るそうな星とマップを見比べる。


東の空の目立つ星は「ベガ」とか。あとで調べたら25光年。
真上に光るのは「スピカ」。これは250光年。
その横の星は「土星」。

 今まで名前でしか聞いたことがなかった星々の位置を教えてくれる。

 おっ「さそり座」が見えているはすだ、どれどれ。

 あ、あれか。

 東の空に「らしきもの」が見えた。

 さそり座を見るのは久しぶりだ。貞光に居た頃、夏の夜二階の部屋から南の空の端にみたことがあるが、それ以来だ。

 リアルタイムで星座、惑星、恒星、星雲など星々の名前がたちどころにわかる。
 なかなか、いいではないか。

 しかし、便利になったものだ。

 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.