土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
顔パス。
2013-05-12-Sun  CATEGORY: 未分類
久しぶりの更新。

このところ晴天が続いていたが、に三日前は朝から弱い雨が降り続いていた。


連休明けに受けた定期検診では、腫瘍マーカーの数値、CEA、C19-9ともに基準内に収まっていた。

まあ、一安心というところだ。

明日の月曜日は、血液・腹部CT、胸部CTの一連の検診結果の講評が主治医から行われる。

多分、特になにもないだろう。




この前の連休初日(5/3)は、鹿児島の平川動物公園と鹿児島水族館まで日帰りで行ってきた。

家人とひたなとひなたの同級生の4人連れだ。

朝の6時過ぎに出立して、一部未開通の高速道を走り、平川に着いたのは11時頃になった。
地図


 動物園の臨時駐車場に案内されて満席のリムジンバスに乗車した。

ここで、少しショッキングなことが起きた。

 生まれてはじめて、席を譲られたのである。今まで公共交通機関において席を譲ったことはあっても、譲られたことは皆無だった。

 まず、子供たちの席を確保し、つり革につかまっていたら、後ろに居られた家族連れの若いお父さんから「どうぞ、座りませんか」と声をかけられたのである。

「ありがとうございます。でも、大丈夫です。すみません」と遠慮したのだが、若い父親は子供が座っていた隣の席に移り、子供を膝にのせて座ったのである。


私の後ろに空席ができた。

家人に「お前が座れ」といったが「いい」という。

どうしよう。

仕方ない。



 譲ってくれた暖かい気持ちのなかでのなんともいえぬ面はゆさ。そして、席を譲られるような雰囲気をかもしはじめた私自身。せっかく譲ってくれた方にも悪い。

「ありがとうございます。遠慮なく座らせてもらいます」と素直に座らせてもらった。



 別になんのことのない車内風景ではあるが、私にとっては、まあショッキングな出来事ではあったのだ。

 
 この頃は、映画館に行っても「免許証を見せてください」とは言われなくなった。
 そのまま顔パスでシニア料金で入れるのである。
 野暮なことを強いられないのはいいのだが・・・・・・。

 



はじめて訪れた「平川動物公園」は、広大で山や谷に囲まれ、動物の種類も豊富で、今まで行ったなかでは、ベスト1に数えてもいいような動物園であった。
 虎



 そのあと、帰りに鹿児島水族館に立ち寄り、イルカショーを見て、5時頃に鹿児島を出て帰宅したのは9時頃になった。
 水族館

往復500キロ以上。
 
 意外に疲れなかった。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。