土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
泳ぐ
2013-07-31-Wed  CATEGORY: 未分類
 朝夕、散歩を日課としている。合計で8000~10000歩というところか。こうして、ずっと、続けてこられたのは相棒がいるからだ。

 相棒は、時間がくると「連れて行ってワン」とせがむ。連日の暑さで少しは弱るかと危惧したが、柴犬の特長なのか、暑さには強いようだ。

 散歩の途中、川の中に入って泳ぐのがこの頃の習慣。誰に教えられたわけでもないのに、少しも億劫がらず、流れに飛び込み、両手、両足、尻尾まで使って器用に泳ぐ。背の立つところにくるとじっとして動かなくなる。
 犬かき

 泳ぐといえば、まごも100m泳げるようになった。市民水泳教室がはじまった頃は25mが泳げなかったのに。10日後の最終日は自由形で25m×4ができるようになった。下から二人目が、まご。
ひなた水泳

 教えるコーチは、かつて、ひなたの母親の水泳のコーチ。親子二代で教えてもらった。

 ひなたの母親がコーチに「昔より、とてもやさしくなりましたね」と言ったら「昔と違って素直でいい子ぱかりだからな」と言われていた。

                                           67.2  24.9
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.