土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
お堂と母屋
2013-12-25-Wed  CATEGORY: 貞光町

昨年の年末年始に帰郷したときに「あの場所に行ってなかった」とか「あそこまで行ったのに、何であそこに行かなかったのだろう」とか「○○さんに会わないままだった、○さんにも・・」などと、今になって「心残り」というのが出てきたりしている。

 考えてみると、この世に生を受けて21年間も暮らしていた場所を、わずか四泊五日ぐらいで心おきなく廻れるわけは最初から無理な話ではある。

 そういった中で、東山(ひがっしゃま)の白村にある母屋(おもや)を訪ねたとき、なんで、ちょっと足を延ばして「大泉堂」まで行かなかったのだろうと、湯船につかりながら思った。

 母屋から、竹林の側の急傾斜の細道を下りていけば5分もかからなかったろうに。

大泉堂は、私は単に「お堂」と呼んでいた。家から、母屋までの登る過程の約8割方ぐらいの箇所にあり、ここを素通りすることなどただの一回もなかった。必ず立ち寄り、父の真似をして手を合わせてお堂の縁に座って休憩をしたものだった。
また、1年年上の真澄君と登ったときは、ごつごつしたお堂の広場で相撲をとって、なんかと負かしたこともある。



相撲といえば、当時の子供たちにとってはメジャー系のスポーツであった。校庭の砂場、河原、往来、田んぼ、ちょっとした広場などに、棒きれで円を描くと、簡単に土俵ができあがるのだ。
向かい合って「はっけよい」の掛け声で取っ組み合いをする。

今は、野球、サッカーが主流だが、当時の子供は野球派と相撲派がいたように思う。TVでは、朝潮、若乃花、大鵬、柏戸などの横綱のほかに、けたぐり専門の海乃山とか、もろ差しの鶴ヶ峰、吊り出しの明武谷など個性的な力士がいた。なかでも、藤の川という小兵の関取の飛び跳ねる相撲が好きだった。

私は、運動神経がよい方ではなかったので「相撲派」であった。勝っても負けても相撲をとるのは大好きで、こちらに来ても、若い者をつかまえては相撲をとっていたりした。

むろん、今は全くダメで体も筋肉も足の運びもついていかない。

 中学になって柔道をはじめたのは、兄や柔道ドラマ、柔道漫画の影響のほかに、相撲の延長線というのもあったのだと思う。



母屋は、誰も住まなくなってから、かなり時間が経過しているようであった。

 お堂から竹林の間を抜けて上がったところに水槽があり、山から引いた水がこんこんと湧いていた。いつも、ここでのどをいやした。
泉

 そして石段を上る。
石段

 母屋は、廃屋みたいになっていた。

 CIMG8627.jpg
CIMG8629.jpg

 置き忘れたように「そろ」が残っていた。
 CIMG8630.jpg






スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
大泉堂
コメントななに | URL | 2013-12-26-Thu 18:13 [EDIT]
ゼンリンの住宅地図からは、大泉のお堂から下への路はすでになくなってしまっています。京石も古田も空き家となって久しく、この路を利用する者はいなくなってしまいました。
大泉部落の住人にも、このお堂でお大師っさんを拝み、花芝や供え物をする人もいなくなってしまいました。
年に1回、我々大泉部落青年団を含め7~8人がお護摩供養のために寄っているだけとなってしまっています。
かつては、お護摩のあとで廻り踊りがあったり、映画の上映があったりして、キャンデー売りの屋台が開設されていたことや、映画を観るために親父といっしょに提灯の明かりで足元を照らしながら上下したことを覚えています。
G3さんが母屋さんとこへ行かれていたときは、大泉を通っていたのでしょうか?白村の人の多くは、長橋をまっすぐ行って、武田の文やんとこを上へ白村の大日堂を通って帰っていっていたと聞いています。

さて、心残りをなくすためには、これから何度でも貞光を訪れる必要がありそうですが(p^-^q)
コメントG3 | URL | 2013-12-27-Fri 21:06 [EDIT]
ななにさん。
ななにさんたちのおかげで、お堂が維持されていること、ありがたいことです。
子供のころ、お堂の境内には、アセチレンを灯した出店も出ていました。

私が母屋に上がるときは、東出商店の前を通り、索道の出発地点を←に見て、坂を登り、水路の横の道を上り、たしか、森川さんという家の横を通過し、たばこ畑を見ながら、お堂に差し掛かり、そのあと、大石さんの前をとおり、竹林を抜けて、母屋に行くコースでした。

ひょっとしたら、子供のころ、ななにさんと、お堂の祭りでの、時間を共有していたかもしれませんね。

来年か、再来年か、いつになるか、わかりませんが、年末年始を利用して、帰郷してみたいと思っています。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.