土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
裸の島に寄付した
2013-12-30-Mon  CATEGORY: 映画
今朝は、緑地帯の草花や畑に霜がおりていた。

去年の今日は、そば打ちをしていた。今年は、例年通り大晦日に打つことにしている。

で、今日は、外回りの掃除、風呂掃除、机の周りの片付け、墓参をして過ごした。

貞光では、積雪があったとか。

昔は、こんなに積もる日もあった。
積雪

 このころは、青洟を「ずずーっ」とすすりながら、遊んでいた。青洟を、服の袖でぬぐうものだから、両袖口は、かちんかちんになり、光沢をともない、ぴかんぴかんになっていた。

 つまり、かちんかちんのぴかんぴかん だった。

 わたしは、青洟をたらしたことも要因になったのか、その後、蓄膿症、扁桃腺炎にかかってしまった。

 扁桃腺炎は、成人してもなかなか治らなくて、毎年、きまって二三回ぐらい40度前後の発熱や発熱に伴う口内炎で苦しんでいた。

 結婚する前後「灸(やいと)で扁桃腺が治るらしい」と耳にし、治してくれるという、浄土真宗のお寺に向かった。発熱でふらふらしながら、お寺の本堂の石段に腰を掛けた。お寺のお婆さんが出てきて、両方の肘のツボに灸をすえてくれた。
 それだけである。

 この一回だけの灸(やいと)で、扁桃腺炎は完治してしまったようだ。その後、発熱で苦しむということ皆無となった。


 蓄膿症は、別府の整体院で治してくれると聞いて行ってみた。県外からも大勢の人が来ていた。私の場合は、鼻の骨を「ボキボキ」と、まっすぐに整体してもらってから、ほぼ完治(寛解というのか)して、今に至っている。

 東洋医学というのも、各個人の症状と体に適合すれば、素晴らしい治療方法になる。

 話は変わる。




あの、裸の島が競売に出されるらしい。近代映画協会が、落札して保護するために寄付を募っているとのことだったので、映画「裸の島」ファンとして、ほんの少しだけ寄付することにした。

映画の裸の島
裸の島

現在の「裸の島」
はだ゛かの島

雑木に覆われて「裸」ではなくなっているみたいだ。




スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.