土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
ライブカメラ
2014-02-09-Sun  CATEGORY: 建設
故郷の雪の便りを耳にした。なつかしい山々や街並みが雪景色で覆われている。

 当地での積雪は40年住み暮らしていて2回ぐらいしか記憶にはない。
でも、ここから九州山地の方に1時間ちょっとばか上ると日本最南端のスキー場がにぎわっていたりする。

 この地は、山も川も海もなんでありだ。




 話は変わる。

 今度、ある道路工事において、掘削する箇所と掘削残土を搬出する箇所が遠く離れていたので、ライブカメラを設置してみた。
 現場・本社・発注機関のパソコンやスマホなどから、仕事をしている様子や、一般交通の状態、交通整理員の状況などをズームにしたり、上下左右に移動して見ることができる。
 unnamed.jpg


 この静止画は、それを、150km以上も離れている会社のパソコンからのぞいているという図式だ。

 こういうものがあると、ヘンな仕事はできない。つまりは、普段から自信のある仕事をしていないと、こういうものなどは設置できないということでもある。


 かなり昔、私が現場を走り回っている頃と比較すると、隔世の感がする。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.