土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
屋敷
2014-02-20-Thu  CATEGORY: 貞光町

つるぎ町のホームページをのぞいていたら「空き家バンク情報」のコーナーに、生家の近所にある「Oさん宅」が写真と図面付で掲載されていた。なんでも昭和6年に建てられた家屋で、屋敷とよぶにふさわしい豪邸で貸家として紹介されている。
 折目邸

間取り




 家の中には、ほとんど入ったことはない。ただ、このおうちで見たテレビの相撲中継が印象に残っている。対戦は、初代若乃花と栃の海だったと思う。

 同時に、ここは、かつての遊び場所のひとつでもあった。大きな屋敷は、お年寄りのお婆さんが一人で管理されていたが、時折、私たちと同年輩の兄弟が遊びに帰省?していたみたいで、兄弟が帰省しなくなってからは、表も裏も内部から鍵がかけられ立ち入ることはできなくなっていた。
 このお宅の広い庭園は、悪ガキどもの恰好の遊び場で、木に登ったり、塀に登って梅の実をちぎって食べたり、植え込みに隠れたり、球技をしたり。ほかにも、ちょっと口には出せないぐらいの悪さもやった。(父からはたんこぶができるぐらいの拳骨をもらった)

 なつかしい一枚の写真である。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
折〇さんとこの白壁
コメントななに | URL | 2014-02-21-Fri 20:56 [EDIT]
我が町のホームページを確認しました~
ここは、ナカ折〇と言われていた?ように聞いています
私がここの白壁の下を通り幼稚園に通っていたのは、今から半世紀も前のこととなります
今なお同じ東浦通りを同じ白壁の横を通って職場へ通っております
私は、この庭へははいったことがありませんし、写真のように正面からこのお家を見たことがありません
かの白壁の漆喰はよくイタズラのために傷が付けられ、いまでも落書きしないでねと注意書きがありますね
私は、幼稚園児のころからいままで、この白壁に悪さをしたことがないおりこうさんでございます
コメントG3 | URL | 2014-02-21-Fri 23:00 [EDIT]
この○目さん宅の庭園は、広くて、様々の樹木が植えられていまし。
東の門から西に向かって広い通路があり、南側は、畑だったよう記憶があります。通路をかぎ型に北の方向に曲がったところが、この写真になります。右側の塀の中は、中庭があり、子供の「缶けり」にはもってこいの遊び場でした。とても、なつかしい一枚です。
トラックバック
TB*URL
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.