土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
禿頭に思う。
2014-10-25-Sat  CATEGORY: 未分類
元気です。


 髪の毛が薄い、というより頭が「ほぼ禿頭」になっている。昔やった薬の副作用ではなくて加齢やDNAの仕業だと思う。
 昔から気にしないことにしている。気にするとキリがない。

 かつらをつける人や植毛・増毛をする人などもいられるが、私は「何も足さない、何も引かない」がいいと思っている。
 むしろ、僧侶みたいなスキンヘッドをやってみたいという潜在的願望がある。独りよがりかもしれないが私はスキンヘッドのほうが似合うはずだ。でも、第三者から見るとスキンヘッドを嫌う人もいるだろうし、つるつるピカピカを維持するための日々の管理も面倒くさくて続かないだろうから、やらないのだ。

 

  でも、こうしたことを書いていること自体、多少は気にしているのかもしれない。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.