土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
近くのコンビニ
2015-06-27-Sat  CATEGORY: 建設
 今日は2回目の更新である。

 貞光に帰郷したとき早朝の国道192号沿いにあるローソンでお世話になった。
 町にある、唯一の(多分)コンビニだ。乳酸飲料や暖かいコーヒーを購入したのだ。


 親戚に行くために、貞光川沿いの国道438号を遡っていたら、狭隘な現道を拡幅する工事が行われていた。
 工事現場


 この頃では、すっかり見なくなってしまったコンクリートを打ち込むための「斜めシュート」が路肩から何本も下に向かって設置されていた。
 朝の早い時間帯で、仕事にはかかる前らしかった。ちょっと先の、やや広いところで車を止めて振り返ってみたら直下の貞光川にバックホウや資機材が見えた。

 やりにくい場所だなあ。仕事をされている方たちすごいなあ、しかし仕事大変だろうなあ、などと思いつつ、現場を眺めさせてもらった。

 こうやって道路が拡幅されていくと、通勤が楽になるし、緊急時などの利便性も上がるなど、はかり知れない効果が生まれると思う。




 で、「近くのコンビニがつぶれたときと うちがつぶれたときと どっちが、悲しんでくれる人が 多いだろうか?」を耳にしたとき、この情景のこともよみがえってきたのだ。

 


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
管理人のみ閲覧できます
コメント | | 2015-06-30-Tue 12:43 [EDIT]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
トラックバック
TB*URL
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.