土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
向き不向き
2015-10-10-Sat  CATEGORY: 建設
元気ですか。

私は、元気です。




朝日が昇る前の刹那
朝焼け

夕陽
夕陽




子供の頃に希望を持っていた人は、全体の70%を越しているそうだ。でも、小さい頃の希望が叶ったのは8%に過ぎないというデータが書かれている本を読んだ。

 

なら、希望を持っても意味がないのか、というとそうではありません。
 挫折して、はじめて、そこからしか始められない希望の調整や軌道修正のプロセスが出てくるのです。挫折して、はじめて分かるものが見えてくる、ということです。



・・・・と、あった。

 私の場合、子供の頃なりたかったのは、おさだまりの「蒸気機関車の運転手」や「警察官」など。少し大きくなると、親兄弟に影響されて、新聞記者や土木の仕事に携わりたいと思うようになり、その後、ストイックな生き方に憧れてお寺の僧侶にとも思ったが、つまるところは、土木屋として、子供の頃の希望どおりの仕事をやっていた、ということになる。

 土木に進んですぐに分かったこと「この仕事は、自分には向いていない、不向きだ」ということだった。これが、最初の挫折でもあった。

 それから、しばらくあちこちと彷徨ったあげく、結局は土木に関連したこの道に進んで来たということになる。

 仕事として「土木」を選んだ以上、向き不向きなどは考える暇もなく、はまりこんできた延直線上に、今の私がある、ということである。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.