土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
痛い
2016-06-15-Wed  CATEGORY: 未分類
元気です。

昨夜は、前触れもなくイレウスの症状が出て、どうなることかと思った。
一年ぶりだ。「や、やってしまった」と思った。

入院だけは避けなければと、一晩中、痛みをこらえながら辛抱した。
昨年の薬の残りを探して服用したせいかどうかはわからないが、明方になる頃には回復することができた。
よかった。
油断はしてなかったつもりだが「喉元すぎれば熱さ忘れる」で、ついやってしまったのかもしれない。

気をつけよう。
皆さんも。

辛抱といえば、日本人は痛くても「痛い」と云わない。
他国の人みたいに素直に「痛いっ」をアピールしないという。

小さい頃から「痛みをこらえること」が美徳みたいな教育を受けてきたからだそうだ。
今朝の新聞の片隅に、そう書かれていた。

このまえの火星大接近のとき
まーず
火星を拡大すると
91f35443-d6f5-400b-bb65-d4c444ae5a87.jpg

形はおかしいが運河みたいなものが見えなくもない。





スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.