土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
温泉へ
2016-11-03-Thu  CATEGORY: 未分類
元気です。

散歩カメラから
先月の田圃 (サギの群れが跳び立つ刹那)
unnamed (8)



この前の日曜日は、孫のひなたと二人だけで大分方面にドライブ。
他のものは、みなそれぞれの仕事に。
孫と家に居るとゲームばかりになるので外に連れていくことにした。

沢水キャンプ場の駐車場でのバトミントンで息を切らせ、そのあと長湯温泉まで足を伸ばした。長湯温泉のラムネ温泉館は初めてだが、なかなか、おもしろい温泉であった。
CIMG0426 - コピー


 露天風呂のほうは湯温32℃で温水プールよりはちょいと暖い程度で長時間つかることができる。この温泉の特徴は体一面がびっしりと細かな炭酸の泡で覆われることだ。入浴後は肌がつるつるになる。内湯は42℃で体を温めてくれる、サウナもついている。
自宅から1時間半程度で行ける。

こんな感じだ
images_20161103113857959.jpg



 山頭火も行乞旅行で立ち寄り句を残している。

「もぐっても もぐっても青いあわ」種田山頭火


ラムネ温泉とは大佛次郎がネーミングしたとか。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。