土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
牛乳
2017-02-09-Thu  CATEGORY: 未分類
元気です。




小学生の頃、学校で半強制的に飲まされた脱脂粉乳へのトラウマがあるのか、今も牛乳は好のまない。
今まで「うまい」と感じて飲んだこともない。飲んで飲めなくもないけれど、飲まないようにしてきた。
「よし、飲んでみるか」と飲むときは、透視に使ったバリウムを体外に出やすくするための下剤の補完とか、胃酸過多でチクチクする胃壁の保護のためなど、薬代わりとして飲んできたぐらいだ。

小学校の頃の風景(モノクロをカラーに加工)
校庭


牛乳は原料が「牛」だ。牛だけにウマが合わないのだ。
といって牛乳を完全否定するものでもない。加工製品の チーズも好きだし、乳酸飲料など毎日いただいている。私たちの子供や孫も粉ミルクのおかげで成長することができたし、幼いころの私も、粉ミルクにはお世話になったはずだ。
ただ、なんでもかんでも牛乳というのは摂り過ぎかなと思う。

というのは、孫の給食、ご飯でもパンでもすべて牛乳が出されるということを聞いて、こういうことを感じた次第。
ご飯には牛乳ではなくて、茶柱が起つような番茶だろう、と思う。
まあ、孫は私とちがい牛乳は好きみたいだから、それはそれでいい。
しかし、すべからく、なんでもかんでも「摂り過ぎ」というのは「過ぎたるは及ばざるが如し」だと思う。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント2
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
シマ
コメントななに | URL | 2017-02-11-Sat 13:41 [EDIT]
遠くに焼き場が見えますね
その東のほうに見える小屋(二階建てだったような記憶があります)にも見覚えがあります
シマに田んぼがあったもので、耕作する祖母に連れられて行っていました
そのころの懐かしい風景です
私も脱脂粉乳は好きではありませんでしたが、牛乳はOKです:D
承認待ちコメント
コメント | | 2017-02-13-Mon 09:12 [EDIT]
このコメントは管理者の承認待ちです
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。