FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
目的と目標。
2007-12-04-Tue  CATEGORY: 仕事
弊社の社訓は「一流の企業に一流の社員。企業の安定成長と社員の生活向上」となっている。これは、現・会長が、考えた社訓で、34年前に入社したときには各室に社訓を書いた額が飾られていた。

 この「一流の企業に一流の社員」というフレーズは、今になって、考えてみると、なかなか含蓄に富んでいる、いいフレーズだな、と思う。

 我々地場の建設業は、いわゆるドメスティック産業だ。
第三者から一流の企業と思われるように、自分たちがそう思えるようになるためには「贈与的」なものが必要だし、それを目標とする、という意味もある。一流の社員がそろえば企業も一流になる。


 目的を取り間違ってはならない。目的と目標は違う。
的に向かって突き進んでいくためには「標し(しるし)」があったほうがいい。いわば、マイルストーンだ。目指すのはあくまで「的」だ。それを間違った企業は経営を危うくさせる。

 
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/10 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.