土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
そば粉を注文した。
2007-12-16-Sun  CATEGORY: 食べ物

 年越し蕎麦のための「そば粉」をネットで注文した
 


 今年は、国産新そば粉を7キロにした。
 「北海道産玄蕎麦を石臼一回挽きと言うもっとも製粉時の劣化が少ない方法で挽かれたそば粉です。江戸せいろ用とでもいいましょ うか、上品な甘み・風味、のど越しを備えております。」という奴だ。
 
 これに打ち粉を1キロつけてもらうことにしている。

 私は、毎年、大晦日に蕎麦を打つ。友人知人からも依頼され、だいたい100人前前後の蕎麦を打っている。

 朝から、夕方まで、握り飯を頬張りながら、ひたすら「素人そば」を打つのである。

 今、思い直して、あと、1キロ追加にしよう。

 足りなくなるのも、困るから。




 

 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.