土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
若い頃
2007-03-16-Fri  CATEGORY: 建設
北川1号橋この橋の下部工工事を担当したのは、何十年前だろうか。

 指折り数えてみると・・・・三十年ぐらい前になるか。

 今は、延岡から大分に抜ける、国道326号に架かる、第一番目の橋「恵比寿橋」として、社会の役に立っている。

 地図にも載っている。

 場所→
http://chizuz.com/map/map8420.html


 A1橋台、P1、P2、P3、P4、P5橋脚、A2橋台、合計7つの構造物の施工を配置技術者として担当した。

 橋脚、橋台、すべての構造物に、それぞれのエピソードや思い出が詰まっている。

 途中で、台風による出水で資材が流されたり、せっかく造成した築島が流失したり・・・・。

 不発だったダイナマイトが目の前5mぐらいのところで爆発したり・・・・。

 掘削中のケーソンが大きく傾いたり・・・・。

 コンクリート打設中に、支保工がメキメキともう少しで倒壊しそうになったり・・・。



 こちら側のA1橋台と手前に写っているP1橋脚は鋼管杭の基礎。その向うのP2からP4まではオープンケーソン基礎。残りのP5橋脚とA2橋台は直接基礎であった。

 今なら、なんというとこともない構造物だが、当時は、このような大型構造物は初めてで、試行錯誤を繰りかえしながら、施工をしたものだ。

 昔は、専門工事業者などは居なくて、半分以上、直営みたいな形で施工をしたのだ。

 足場を自分たちで組み立て、オープンケーソンの掘削も、参考書や施工事例の本を頼りに、クレーンをチャーターして自分たちで掘り下げていったのである。

 外注したのは、型枠組み立てと鉄筋組み立てぐらいで、それも、型枠材料も自分たちでひらって、購入し、支給していた。

 測量も、今みたいに、GISはもちろん、パソコンも無ければ、光波測距儀も無かった。20秒読みのトランシット、50mの鋼巻尺と関数計算機と数学の教科書で位置を出したものだ。直線なら簡単だけど、大きく左にカーブしていて、苦心惨憺の思いをした。

 P2橋脚とP3橋脚の間は50m以上離れていた上、真ん中に川が流れていて50mの巻尺では直接に距離は測れない。完成検査に合格するためには、橋脚の位置は設計値とのズレを、延長方向で2センチ以内、横方向で5センチ以内に収めないと、橋が架からないのである。

  そこで川原に、一辺の長さ約40mの、ほぼ正三角形のポイントを設置し、そこから、関数電卓で計算し、P3方向の見通しを出し、対岸のポイント からは反対にP3方向の見通しを出す。見通し線と見通し線が交わった場所がP3の位置となる。そういった方法を採用したり、大変だった。

 工事が完成してから、測量会社に依頼して、位置を当時の最新式の光波測距儀で測定してもらったら、全ての構造物の位置が、規格内に治まっていて、ホッとしたことも記憶に焼きついている。

 とにかく、いろいろな思い出の詰まった、苦労した現場である。今日は、写真が見つかったので、こういうことを懐かしげに書いているが、いつもは、知らない間にさっと通り過ぎている自分である。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。