FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
市長に会った。コンクリート打込のPPTを作った。
2008-05-27-Tue  CATEGORY: 建設
  午前5時35分起床。天候は晴れ。 
 
 
 午前中は、久しぶりに市役所に行った。そして、久しぶりに首藤市長にお会いした。二言三言会話をした。以前から、顔見知りのせいか、市長なのに、市長のような気がしない。 

 お会いして「のべおか夢らいぶ2008,」の冒頭挨拶をお願いした。
 
 こころよく、お引き受けしてもらった。

 
 午後からは、下請け工事をさせてもらっている現場の安全協議会に参加した。ここ、数日、暑い日が続いている。鉄筋工の職長が「シャツに塩が吹いています」と云っていた。もう、熱中症の対策をしないといけないようである。 
 
 そのあと、自社開発物件の打ち合わせをした。 



コンクリートのPPTをつくってみた。  
 
何のためのPPTかというと「よいコンクリートを造るには」という内容のものなのだ。  
 
これを、次の現場で使ってみることにしている。  
 
コンクリート工事の着手前に、生コンクリート製造者も含めてすべての関係者を対象に、基本的な知識をもう一回おさらいするのである。  
 
 実際に施工する職人の立場からすると「そんなのわかっている」と思われるかもしれないし、はじめて知る人もいるかもしれない。  
 
今までの長い経験で体得していることの「理由」がわかるかもしれない。  
 
「理由」と「目的」がわかって仕事するのと、わからないで仕事をするのなら、前者のほうが「いい」と思う。  
 
 
 
 いいコンクリートというのは「製造」「運搬」「施工」この三つで決まる。  
 
 いい材料を使っても、施工が駄目なら「よいコンクリート」はできない。何かが一つかけても、いいものは出来ないのだ。  
 
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.