土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
子供の頃。
2008-06-04-Wed  CATEGORY: 昭和の話
思えば、小さい頃、ほんと、悪いことばかりしていたなあ、と思う。

 どのような犯罪の範疇に入るのか、記憶の襞から、かき起こして数えてみた。

 泥棒、不法侵入、傷害、器物破損、密漁、密猟、その他。 (笑)

 「その他」というのは、土手につながれていた馬に石を投げつけて暴走させたこと。暴れ馬に跳ね飛ばされた人もいなかったし、器物破損もなかったので「その他」にカウントした。

 犯罪の中身は「柿を盗った、枇杷を黙ってもらった」というのが泥棒。中身は略すが、こうして、並べてみると、すごい犯罪経歴のように見える。

 しかし、グレていたこともないし、あの子は不良だと指を差されたこともない。

 月光仮面やスーパーマンといった正義の味方に憧れていた、ごく普通の昭和の少年だった。

 こうしてみると、今の少年たちのほうがおとなしいのかもしれない。いや、おとなし過ぎるというか・・・。

 親父から、頭にコブができるくらい拳骨をもらいはしたが、周囲の大人たちは「コラッ!!」と怒鳴られはしてね、大目に見てくれたものである。



スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。