土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
台風。
2008-06-26-Thu  CATEGORY: 未分類
  ■午前5時38分起床。天候は曇り。室内温度25度の延岡である。

 ではまたあとで。

..6月26日(木) 7:08



■今日は、なんやかんやで忙しくしていた。
 

■ 台風シーズンが来る。

とはいっても、本格的な季節は9月からである。しかし、異常気象の多い昨今の状況では、いつきてもおかしくはない、つもりでいたほうがいい。

 今から5,6千年ぐらい前の延岡は、ほとんどが海または湿地であった。そのあと、海面が若干下がり、現在の延岡が形成されている。

明治時代の五万分の一地図を見ていると、延岡は「水田」だらけだ。それだけ低地が多いのである。 なので「夏田」「宇和田」「柚の木田」「野田」「出北」・・・「た(田)」の地名が多い。

 ということは、延岡は、いつ浸水しても不思議ではないところに人が多く居住していることになる。

 かくいう自宅も後期縄文時代には、稲葉崎と尾崎にはさまれた入り江である。そのせいなのか、三年前の台風では、我が家も床上50センチまで浸水した。

#a#



 さて今年はどうなるか。

 災害といえば「地震」は恐い。人がいちばん頼りにしている大地が、突然に持ち上がったり、沈んだり、移動したりする。

 家屋や家具だけの地震対策だけでなく、宅地そのものの対策も必要なのだが、家具の固定もしていない家屋が多い。我が家もそうである。

■ひなたが久しぶりに元気がない。発熱している。あの元気だまがトローンとしている。

 早く、よくなってほしいなあ。


・・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。

 


..6月26日(木) 20:25
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。