土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
七夕。
2008-07-07-Mon  CATEGORY: 昭和の話
 今日も、日々読み書きのミラーサイトです。


 ■午前5時30分起床。天候は晴天。室内温度27度、外気温25度の朝となっている。
 暑い。

 ではまたあとで。

..7月7日(月) 7:04



■今日は、七夕か。

 子供の頃の七夕は笹の葉がいっぱいついた竹を取ってきて、短冊や色紙をつくって飾り、立てかけておいたものだ。
 七夕の夕方になると、めいめいが短冊のついた竹笹をかついで、貞光川に行き、流した。流す場所は、長橋の下の川原、ときまっていた。沢山の、竹笹が流れていった。

 川に流すといえば、お盆の最後の日は、貞光川に灯篭を流した。近隣のお寺の住職の読経に合わせて、各家庭が、灯篭をもちより、ろうそくに火を灯して流した。川の流れの、S字形に、色とりどりの灯篭が流れていた。

■今日は、帰宅してから、自転車に乗った。今日の走行距離は22.3キロというところ。


 ・・・・・・ということで本日はこれで失礼いたします。


..7月7日(月) 19:54


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.