土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
寝物語。
2008-08-07-Thu  CATEGORY: 昭和の話

   子供の頃、父親に腕枕をしてもらって、創作童話や昔話などを聴きながら寝ていた。父は、話がおもしろくて、例えば「浦島太郎」の話でも、乙姫様の住む竜宮城に行くまでの話しは波乱万丈で、ついには、たどりつかないまま、未完に終わったこともある。

 また、父の子供時代の話や、村に住んでいた奇人・変人の話など、父と一緒に寝て、話を聞くのが楽しみであった。



 このところの私は、ipodの中に入っている落語を聴きながら寝ている。私のipodは、落語と音楽の比率は6:4ぐらいになっている。

 昨夜は、米朝さんの話を聞きながら、いつのまにか眠っていた。途中で起きて、ipodの電源を切って、朝まで眠る、そんなことを繰り返している。

 父の寝物語が落語に変わった、そんなところだ。

 10歳前後の子供の頃に植えつけられたものは、 今でも、身に付いているものだな、と思う。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。