土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
ボランティア。
2008-08-11-Mon  CATEGORY: 地域社会
 
 ボランティア活動をすると、発注機関が、工事成績評点を上げたり、総合評価で加点してくれたりする制度があります。

 この制度は、おかしいと思えてなりません。

 ボランティアは、無償か有償かは別にして、とにかく、「自発的」な活動で、第三者、特に発注機関から「ああ、しろ」といわれてするものではありません。

 ボランティアをしたから「○○を上げます」というのは、どこかおかしいと思います。

 ボランティアは「・・して上げるもの」ではなく「・・させていただくもの」と考えるぐらいが、丁度いいと思います。

 ボランティアをしているつもりでも、してもらう人からすれば、迷惑だって思われることもあるかもしれません。

 話が、ヘンな方向にづれている・・・・・。


 自発的な行為は「贈与」の領域です。それを「加点する」とか「評価点を上げる」というのは「交換」の領域になります。

 「交換」の領域は、経済交換そのものです。

 なので、ボランティア活動には、加点するのは、いかがなものかと思います。

 

 
 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.