土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
朝粥。
2008-08-24-Sun  CATEGORY: 食べ物
 休日の朝は「朝粥」をよく食べます。
朝粥

 あつあつのお粥を、ふーふーしながら食べます。
 お粥は、シンプルです。
 しかし、シンプルさゆえの、なんともいえない「米の旨さ」が出てきます。




 一合のお米を研いで、釜にかけてガスコンロで炊きます。
最初は強火。吹きこぼれの、直前で蓋をあけて弱火にします。
とろとろと30分間ぐらい。
朝粥の完成です。
これを家人と二人でいただきます。

 おっと、その前に、小皿にとりわけて仏壇にお供えを忘れてはなりません。



 朝粥は、気が向いたら、茶粥にしたりします。
茶の葉を袋に詰めて、炊くと、茶粥も簡単に出来上がります。


 今朝は、紫蘇の実の塩漬け、塩昆布、細かく刻んだ沢庵、赤紫蘇、鮭茶漬けの素を少々、をお粥の上に乗せていただきました。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。