土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
無題。
2008-09-16-Tue  CATEGORY: 未分類
今日は「日々読み書きの、ほぼコピー」です。

 今日は(私としては・・)突然、ISO9000の外部審査のようなものがあり、あたふたしました。ある、顧客が会社を訪問されての面接でした。
 私自身は「ある」というのは知っていましたが、品質システムの事を聞かれるとは思ってなくて、抜き打ちみたいな感じがありました。
 
 とにかく、「突然」という感じでしたので、何の用意もなくて、わずか15分ぐらいの時間でしたが、汗をかいてしまいました。

 やはり審査を受けるには、ちょっとした用意というのが必要だな、と思いました。

 しかしISO9000システムは、そんなに「いいもの」でしょうか。
 ここ10年ぐらいやってきて思うのは「当たり前」でしかありません。ただ、やたらにエビデンスを求められる、ということぐらいです。それが、めんどうくさいのです。
 
 エビデンスとは「証拠」とかいうような意味で解釈していますが、ちょっとネットで調べると・・・・

【素晴らしき日本】Evidence
・レジュメと並んで、筆記体の書けなさそうな奴が好んで、意味もわからないまま多用している用語のこと。
・あるいは口から出任せですべてを押し通してきたし、これからも押し通せると踏んでいた奴が、あまりにもしつこく客先から求められて、にっちもさっちも行かなくなり、右往左往したりした挙げ句、人に聞ける謙虚さを持ち合わせているはずもなく、いよいよ追い詰められて、今更ながらにインターネットで調べていたりする用語の筆頭格



 まさしく、このとおりです。(笑)
 

 話は、変わります。

■子供の頃、といっても・・・「紫電改のタカ」がマガジンに連載されていた頃だから、私が、小学校5年生の頃だと思いますが、当時の、ささやかな夢は、自転車に乗って自由に走り回ることでした。


 その希望は、18歳の頃に、自転車一人旅で各地を走り回り、達成できたかなと思っていました。
自転車旅行1

 しかし、ここへきて、また走りたくなっている自分に気づきはじめています。

 ここ三ヶ月くらい、時間があれば自転車に乗って20キロとか15キロとか走っていますが、今、無性にロードレーサーが欲しくなっています。

 新品だと10万円はくだらないので、ヤフオクで中古を調べたりしています。

 何が楽しいのか。自分でも説明はできません。これから、走りにふさわしい秋を迎えて、その想いは、つのるばかりです。

 一方では、自分の性癖「熱しやすく冷めやすい」が、頭の隅にあり、購入した途端、あまり乗らなくなるかもしれない、まだホンモノじゃないかもしれない、という思いもあって、控えているようなところです。

 今乗っている、古い自転車もロードレーサーです。やはり、もう少し、乗りこなしてから、また、検討してみましょう。
自転車・・・・


こうしてみると、56歳の私と、小学校5年生の私は、あまり、変わってないのかなあ、と思います。



 しかし、自らの力をエンジンにして、風のように走ることができる自転車という乗り物。ほんと、いいなあと思います。



・・・・・ということで本日はこ
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.