FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
優柔不断。
2008-09-26-Fri  CATEGORY: 未分類

 私は、自他共に認める「優柔不断」な人間です。

 結論を出すのに、いつも、苦労しています。

 なので「先送り」することもあります。「先送り」は、これも、一つの方法で、時間にゆだねるというやり方です。結果的に、いつのまにか「なんとか、なっていた」という事例も少なくありません。

 「それは、逃げだ」といわれるかもしれませんが、自分では「逃げている」という自覚は、あまりありません。(中には、逃げ、と云われても仕方ないものもあります。 )

 繰り返しますが、私にとっては、よほどのことがない限り、ほとんどが「コレだ!!」と決められないことばかりです。

 それでも決めなければなりません。

 判断基準としては、基本として、公私の「公」を優先させているつもりですが、実際には、どうなっているのかは、わかりません。

 しかし、「公」にしても、会社としての「公」、社内の部署としての「公」、現場としての「公」、世間に対する「公」・・と立場が、いくらもあります。

 それぞれの立場で「公」は、それぞれ違ってきます。

 何かを決める、ということは、「公私のけじめ」だけでなく、そのほかにも、いろいろな要素が入ってきて、あちら立てればこちら立たず、こっちがなんとかなっても、あれがこうなる、という場合ばかりです。

最後は「勘」です。

 考えて、「勘」で、出した結論も「これでよかったのか」と思うことばかりです。

 一度だしたら、あとは、考えないことにしています。そして、次の課題に移っていきます。


 小泉首相のように、歯切れよく、わかりやすく、明確に、はっきりと「・・・・・・・・なのだ。」と決められたら、なんと、気持ちのよいことでしょう。

強い、というか無神経的というか・・。私には、なかなかできないなあ。

 

スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.