土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
かなしい
2008-10-11-Sat  CATEGORY: 貞光町

■今日は、高速道路を建設している現場に行きました。

 いつも、お願いしている型枠大工さんの仕事ぶりを見ましたが、あいかわらず「いい仕事」をしていました。この型枠大工さんは「型枠・支保工」はもちろん、足場工、コンクリート施工まで、きちんとした仕事をしてくれる、多能工です。
 私とは、35年ぐらいの付き合いになります。彼が、親方から、のれんわけをしてもらった最初の現場が、私が最初に担当した現場ということで、どちらも、はじめてのお使い、みたいな状況でした。


 右も左もわからず、試行錯誤ほ繰り返しながら、、今から、思えば「赤面」の現場でした。

 今日も、教科書以上の仕事をきちんとしていました。こういう方とは、会話するだけでも、楽しいものがあります。

・・・・・・おっと、今日は、望郷のことを書くつもりでした。なので、以下、話はかわります。


■またぞろ、四国に帰郷したくなってきています。

望郷の念。

故郷は 遠きにありて思うもの

そして 悲しく うたうもの

  ・・・・・・室生犀星/小景異情

私の場合は、悲しい・・・ではなくて・・・・

「かなしい」

故郷をおもうと「かなしい」気持ちになります。

 故郷に帰っても、親兄弟も親戚も近くには居ない。友人知人も郷里に残っているものは、多くはない。もちろん、家も土地もありません。

 でも、故郷の山川、町並、そういった「大地」と、今でも、なにかつながっているように思えるのです。



もしも、徳島に、ちょいと遊びに行くとして考えていたら、新しいルートを見つけました。

想像するだに「楽しそうなルート">楽しそうなルート」です。

 新しいルートとは、佐賀関から三崎に渡り、八幡浜から、大洲に抜けないで、R378へ向かい伊予ICから、高速道路で美馬ICまで行くルートです。

 いつか、行ってみたいなあ。


 では。








スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.