土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
報酬。
2008-11-20-Thu  CATEGORY: 未分類
 今日も、書くことがない。
 何も思わずに一日を過ごした。
 なので、先日、書いていたことを書く。

 私は、田坂広志さんが書いたものを読むのは好きだ。

 
 こういうことを書かれている。
  仕事の報酬は、目に見える報酬と目に見えない報酬がある。

 目に見える報酬とは、給与、昇格などのことを指し、求めるものではなくて結果としてついてくるものです。

 目に見えない報酬とは「働き甲斐のある仕事」「職業人としての能力」「人間としての成長」それに「人とのつながり」と云っておられる。

 目に見える報酬は「ゼロサム」ですが、目に見えない報酬は「プラスサム」だ、という見解にたいしても、なるほど、そうだなあと、強く共感できる。

 多くの人は、こうした明確な言葉で云われる前に、無意識のなかで「収入や地位だけではない」と感じていると思う。そして、そうだよな、と共感する。

 私自身も、給与を高くもらおう、昇格しようと思って仕事をしてきたわけではない。

 しかし、失職して悲嘆のどん底に居る人に「目に見えない報酬」と、云っても、むなしく響くだけだと思う。

 「貧すれば鈍す」という言葉があるように、「目に見える報酬」があって、はじめて「目に見えない報酬」のことを語れるのではないかと、私のような、ひねくれ者は考えてしまう。

ある程度の経済基盤があった上での「目に見えない報酬」だと思う。

本屋に行くと「蟹工船」が、平積みされています。「蟹工船」がベストセラーに なっているような現状では、なかなか、そうは思えない人がたくさんいるように思う。

 私みたいに「目に見えない報酬」に共感を持てるものたちは、まだ、恵まれている。

 そう、思う。

 では。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.