土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
正論がいちばん強い
2008-11-23-Sun  CATEGORY: 建設
 
 「正論がいちばん強い」

・・・と、言われたのは、以前、当社に居られた、当社中興の祖、熱血先生。

 こうも、言われた。

「することをきちんとしたら、言いたいことは言える。」

「お前たち、言え。言っていい。じゃないと、そのあたりの土建屋の親父と変わらんぞ」

 約束の時間を守ることを、仕事に対する熱い思いを、一生懸命にやることを、鬼のような厳しさと、そしてやさしさで、示してくれた。

 また、言うこととすることの一致を身をもっておしえてくれた。

 それらは、今も、部署に残っていて、そのおかけで、仕事も受注することができ、熱い思いで仕事をさせてもらっている。

 あとは、この「技術ミーム(文化遺伝子)」を、継承していくことが大事。




 では。
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.