土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
ハーモニカ。
2008-12-20-Sat  CATEGORY: 音楽
    小学校低学年の頃、兄が、働いて得たお金で「ハーモニカ」を買って送ってくれた。

 宮田のハーモニカ。

 21穴か26穴かは忘れたが複音のハーモニカだ。

 小学校では、学校指定のハーモニカがあったが、私だけは、みんなとは違う、兄の送ってくれた複音ハーモニカを吹いていた。

 ギターを自己流で爪弾くようになる前は、この宮田ハーモニカをよく吹いた。吹いていたといっても「ふるさと」などの童謡、唱歌のメロディをたどるぐらいだ。

 へたくそなりに、高校生の頃までは、毎晩、吹いていたので、今でも、二三曲ぐらいなら、空覚えでも吹くことができるだろう。

ハーモニカという楽器は、小さくて、手ごろで、なにより音色が、いい。

前々から、いつかハーモニカがほしいなあ、と思っていた。

で、求めることにした。

 26穴の複音式ハーモニカにしようか、まだ、使ったことのない「ブルースハープ」にしようかと、迷った。

 昔吹いていた複音ハーモニカ。これなら、家に届いて、すぐ吹けるだろう。

 ブルースハープは、吹いたことがないので、すぐに吹けないだろう。

 散々、迷ったあげく、私の出した結論は「ブルースハープ」になった。

 フォークシンガーがステージで吹いてる、あれ、だ。

 10穴のブルースハープを決定づけた理由は、むずかしそだからだ。それに、吹き方のテクニック次第では、コードや半音も吹けるという。

 はたして、吹けるようになるか。あまり自信はない。

 とにかくにも、購入してしまった。

 年末年始は、ハーモニカを吹いて遊ぼう。



今夜は、プライベイトな仲間での忘年会。少し、風邪気味。

 では。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.