土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
休んだ。
2009-01-12-Mon  CATEGORY: 未分類
 今日の成人の日は、多くの現場は休日返上で稼動していたが、私は、休ませてもらって、ひなたと一緒に居た。

 お昼は、今年はじめての寿司。もちろん、皿が回るやつである。

 ひなたは「まぐろ」「えび」「かんぱち」「中トロ」の四皿。8個。

 私と家人は、三皿。6個。




歳をとると、身体能力が低下する。
 筋力。瞬発力。視力。消化能力。抵抗力・・・・・。
 歯が悪くなる。関節が悲鳴をあげたりする。

 そして、記憶力も衰えていく。
 筋力低下、記憶力低下、これは仕方ないことだ。黙って受け入れよう。


 一方、歳をとると、人徳が増すといわれている。まあるく、なる、らしい。
 でも、これは、ぜんぶ、そうだろうか。

 そういう人も居られる。実際、そういう人を存じ上げている。

 しかし、そうでない人も、よく、知っている。

 歳をとると、自己中度合いが増してくるのである。わがままになる。
 気配りをしなくなる。思いやりができなくなる。

 そうはなりたくない。
 ひょっとして、なっているか、なりつつあるのかもしれない。

 ならないように、磨いていきたい。

 
 
 
 
 

 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.