FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
現場に行ってきた。
2009-02-06-Fri  CATEGORY: 建設
 いつものように5時半に起床し、家人のつくってくれた朝食をいただき、弁当をもって出た。

 今日は、会社ではなくて、直接、現場に向かった。
 7時前に着いたが、現場事務所は明かりがこうこうと灯っていた。

 8時からのコンクリート打設に立ち会うために来たのだ。
現場コンクリート打設

 予定通り、順調に進み昼過ぎには打設完了した。
 
 打設状況は、教科書どおりである。
 いや、ある意味、教科書以上の工夫がなされていた。

 また、別の構造物では鉄筋組立が終わり、発注者から検査してもらうための準備が出来ていた。
 鉄筋検査

 マグネットや札を取り付けて、素人が観ても、図面と照合できるように、丁寧に表示されていた。

 私たちが三十年も前には、こんな管理はしてなかった。する必要もなかった。
 しかし、今は、こういう管理は、どこでも、日本全国中で実施されている。

 ほんと、大変だなあと思う。

 

 では。


スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.