土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
2009-03-01-Sun  CATEGORY: 未分類
 今日の日曜日は、ずっと家に居てぼっとして過ごした。

 今日は、県立高校の卒業式だったらしく、我が家にも「今日卒業しました」と高校生が二人訪ねてきた。
 両方とも、進学とか。

 いい青春がおくれますように。

 


 私は、この頃、自宅では酒は飲まないことにしている。

  それが、食卓に、焼かれた壱岐の干物が並べられたので、ひさしぶりに「一杯」という気分になった。

  干物をかじり、酒を飲む。

  うまい。

  しかし、酔った気分が、必ずしもよくないのだ。

  どちらかというと不快であった。

  あれっ、飲んだときの酔った気分とはこんなものだっのかな、と記憶をたぐりよせてみたが、ちょっとわからない。

 体調にもよるのかもしれないが、飲んでも「いい気分」にならないことがあるというのが、わかった。

 なんなのだろうなあ。

 では。

 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.