FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
技術士二次試験受験(その1)
2009-03-05-Thu  CATEGORY: 技術士二次試験
   本年度の技術士二次試験が、4月1日から願書受付となっています。

  →  ※平成21年度技術士試験の実施について

 私も、今年は、久しぶりに受験してみようかと思っています。受けるとすれば、部門は、やはり「建設部門」。専門科目を何にするか少し迷いましたが、熟考の結果「鋼構造及びコンクリート」にしようと考えています。「道路」とか「河川」も検討しましたが「好きこそ物の上手なれ」という諺にもあるとおり、好きなコンクリート科目となりました。

 試験でいちばん重要なのは、なんといっても「モチベーション」の維持です。モチベーションを維持するためには、いろいろな手段がありますが「第三者に宣言する」というのも、ひとつの方法です。

 そこで、このブログに「技術士二次試験」のタグをつけて、時折、経過を報告していきたいと思うのです。


 基本的には「独学」です。今まで独学できたので、今回も、独学でいきます。

 Web上に、受験のための参考資料として「技術士受験を応援するページ」や「技術系公務員の資格取得応援するページ」をはじめ、沢山の、有益な情報があります。
 このブログでは、二次試験が行われる8月1日まで、同時進行で、プロセスを書き留めていこうかなと思っています。





 まず、最初は願書提出です。

 願書には「経歴書」が必要になります。筆記試験に合格することができれば「業務経歴書」と「技術的体験論文」を主な資料として、口頭試験が 行われます。

 なので「業務経歴書」の記載事項は、専門科目と技術的体験論文の内容を意識して書いたほうがいい、ということになります。

 まずは、受験する部門と専門科目を明確にしましょう。そのあとは「技術的体験論文」で何を書くのかを決めます。今の段階では「イメージ」でいいので、だいたいの方針を決めましょう。

 願書(業務経歴書)を記述するのは、そのあとです。

 絶対に虚偽事項は書いてはいけませんが、口頭試験で質問を受けられやすいよう、答えやすいように、意識して書くのもひとつの方便だと思います。

 私も、ぼちぼち準備したいと思います。

 

 では。

 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント4
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
頑張って下さい!
コメントso | URL | 2009-03-07-Sat 07:15 [EDIT]
技術士の資格をお持ちなのに、再度試験に挑戦とは凄いですね!

モチベーションを維持しながら頑張って下さい!
コメントG3(じーさん) | URL | 2009-03-07-Sat 08:01 [EDIT]
soさん。
 ありがとうございます。
 再度、やってみたいと思います。
 挫折しないように、がんばります。
コメント吉野川 | URL | 2009-03-07-Sat 12:51 [EDIT]
人間一生勉強・・・云う派易し、行うは難しです。G3は偉い。頑張れG3に栄光あれ!
コメントG3(じーさん) | URL | 2009-03-07-Sat 13:10 [EDIT]
吉野川さま。
 ありがとうございます。^^; 照れます・・・・。
 ここで宣言しておけば、プレッシャーをかけられるかなと思って書きました。
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.