FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
向上心。
2009-03-11-Wed  CATEGORY: 未分類
 今日は、鉄道沿いの山中に入って、将来、鉄道に支障する恐れの高い木々の調査をした。倒れかかっているもの。枯れているもの。枯れかかっているもの・・など。
 今回の現場だけで30本を数えた。すべて「杉」である。

 昔、杉の植林を大々的に奨励したことがあり(多分)、本来なら???と思われる箇所にも、杉が人工的に植林されている。しかし、そのあと、手を入れてないので、密集してはえている。密集しているものだから、細い木々ばかりだ。そして、すぐに倒れる。

 その手当てにおわれているのだ。
 来週から、伐木に入る。鉄道に絶対支障しないように伐らねばならない。人が居ないので、社員で伐る予定。こういう場合は、なまじ、専門の木こりより、素人の私たちのほうが、時間はかかるかもしれないが、安全に伐ることができるのだ。

 

「向上心」


「あいつには、向上心がない」とか云うときの向上心とは何だろう? と思う。

 Webで調べてみると「自分の能力・性質などをより優れたものにしようとする心」と解釈されている辞書もあるし、弱さの裏返し、という 表現もある。

 字面をそのまま分解すると「上に向く心」となる。上、とは上のことで下ではない。何を基準にして上下の判断があるのか、各個人で違うと思うが、とにかく、現状には満足しないで、もっと、もっと・・・・みたいな気持ちなのだろう。

 私の場合は、向上心とは好奇心はイコールのように感じている。と、いうより「向上」というような大それたものでなく、単なる「好奇心」といえる。

 私は、個人的に「好奇心」が精神上のエネルギー源になっているように思える。この好奇心が失われるときは、先が長くないか、死ぬときではないか、などと「今」の時点では、そう考えている。

 好奇心があると、楽しい。

 そういう意味で、好奇心をもって楽しんで生きていきたいものである。

 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/08 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.