FC2ブログ
土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
個人的主観
2007-04-22-Sun  CATEGORY: 建設
土木系と建築系

どちらも、建設産業ですが、私には、両者に差異が感じられます。どこから、きた差異なのか。自社だけなのか。そのあたりはわかりません。

 例えば、以下のような差異です。

 土木は「工業的」なのにたいして建築は「どちらかというと商業的」だと思えます。
 (以下、すべて、どちらかというと・・が頭につきます)

 土木は「群れる」にたいして建築は「孤高」という感もします。
 同じような表現として、土木は「依存」建築は「自立」という感じもあります。

 土木は「情緒的」にたいして建築は「非・情緒的」という感じもします。
 土木は「非合理的」にたいして建築は「合理的」という感じもします。
 

 土木は、野外産業で自然条件の影響をおおきくうける。建築は屋内的なので、自然というより人為的な影響を受ける。

 土木は、公的な仕事が主体。建築は、公的なものもそうでないものも両方あります。

 また、土木は「湿地」建築は「乾燥」。土木は「地元紙」建築は「日経」、といえるかもしれません。(笑)
スポンサーサイト



ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.