土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
アマゾン。
2009-03-18-Wed  CATEGORY: 未分類
 出る釘は打たれる。出ない釘は打たれない。
 しかし、出ないことには、どうしようもない。
 要は、「出加減」だ。多分。
 先に走りすぎると、いけないのかなあ・・。

 

アマゾン Amazon

  Amazonで「滝田ゆう」の漫画を探したら、前から、欲しかった「落語劇場」が見つかった。中古品で購入した。35円と送料340円だ。

 ついでに「高田渡」で検索してみたら「タカダワタル的ゼロ」のDVDの予約申し込みがあったので、半ば衝動的に注文した。発売は5月19日となっている。

最初の「タカダワタル的」に続く、第二作のドキュメンタリー映画だ。

「タカダワタル的」は、ipodのビデオにも入れて、時々見ることがある。何回見ても、国が認めない人間国宝、高田渡の個性あふれる、味のある、フィルムだ。

 その延長線上に、今回の映像が作られている。

 

 滝田ゆうの漫画と高田渡、両方とも、楽しみだなあ。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。