土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
都市計画
2007-04-23-Mon  CATEGORY: 地域社会
貞光の街並み1



貞光の街並み2


 街
そしてJ・ジェコブスの4原則。

1.都市の街路は必ずせまくて、折れ曲がっていて、一つ一つのブロックが短くなければならない。

2.都市の各地区には、古い建物ができるだけ多く、残っているのが望ましい。まちをつくっている建物が古くて、そのつくり方もさまざまな種類のものがたくさん交ざっている方が住みやすい。

3.都市の多様性、ゾーニングの否定。都市の各地区は必ず2つあるいはそれ以上の働きをするようになっていなければならない。

4.都市の各地区の人口密度が充分高くなるように計画したほうが望ましい。人口密度が高いのは、住居をはじめとして、住んでみて魅力的なまちだということをあらわす。

・・・・を、桃知さんのプログで知った。

 このJ・ジェコブス4原則は、自分が育った昔の街並みそのもののようである。
 昔の生活は、経済的に厳しいものがあり、そのことを思えば、手放しに「昔はよかった」とはいえないが、、それでも「昔はよかった」ように思える。

 経済だけでさらえるにら、今のほうがいいだろう。経済的以外のことでいえば「昔はよかった」になる。

 人は、金銭だけではないのである。

 ※写真は、徳島県美馬郡貞光町の街並みです。


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。