土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
車窓から。
2009-03-26-Thu  CATEGORY: 未分類
  今日は、宮崎市まで、新しく赴任された方の挨拶に伺った。

 やるべきことが立て込んでいるので、列車で往復した。 それでも、三時間は必要だ。

 ipodの落語を聞きながら、車窓からながめていたら、もう、田植えがはじまっている。早場米だ。

 田植え

 後ろに見える、構造物は、リニア実験線の跡だ。廃墟化しつつある。

 リニア実験線の跡は、どのように使うのだろう。

 そういえば、今朝の新聞にリニア新幹線の記事が載っていた。コンコルドの轍を踏むな、みたいなことが書かれていた。

 しかし、どうするのだろう。

 東京~大阪間は、航空機も新幹線も高速道路も東海道本線も、なんでもかんでもあるのになあ、と思う。
 


  列車は、喫煙車両が廃止されて、全席禁煙となっていた。煙草を吸わない私にとっては、ありがたいことだ。
喫煙される人も、煙草の煙で、霞がかかっているような箱は「イヤだ」という方が多い。

 私も、かつては、一日30本近く吸っていたので、喫煙者の気持ちもわかる。と、同時に、煙草を吸わない人の気持ちもわかる。

 公共交通機関では、ほぼ禁煙になっているが、できたら、食べ物を食べる施設などでも、禁煙にしてほしいなあ、と思う。
 おいしいものを食べているとき、鼻先に、煙草の煙が流れてくると、いっぺんに不味くなる。

 でも、あの、食後の一服が、また、いいのだが・・・・。

 帰りは、ipodから聞こえてくる、桂三木助の「ねずみ」を聞いていた。左甚五郎の出てくる咄である。
 丁度、落ちの「ええっ?あれは、虎ですか。なあんだ、私は、猫かと思いました」と、甚五郎が彫ったネズミの台詞のところで、日向灘が見えた。おもわず、カバンをまさぐり、カメラを取り出して撮影したが、数人の釣り人が、竿を傾けているところの写真は、撮れなかった。
 車窓 海

 では。

スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.