土木建設業に従事していますが、専門分野のことは少なくて、昭和のこと、故郷・徳島のこと、延岡のこと、雑多なことを自分の記録として日記代わりに書いています。St.3bの「がんサバイバー」でもあります。
 日々(いや、気のむくままに)読み書き
血の気。
2009-03-31-Tue  CATEGORY: 建設
 57歳になっても、いや、反対に、加齢のしわざなのか、血の気が、まだ、多い。

 議論に熱中すると、すぐに、熱くなってしまう。

 

 でも、血の気が多いことは、いちがいに「いけない」ことではない。(・・と思う。)とはいうものの、のべつくまなく、多過ぎるのは、よくないように思える。

 なんでも、バランスなのかな、と思う。




今日は、現場の行き帰りの道路、桜並木がトンネルみたいになっている道路を走った。私は、満開の桜より、はざくらが好きだ。
青々と若葉のなかに、散りそこねた桜の花びらが、ちらほらと残っているのが、いちばん、美しいと思う。


 はざくら

 デジカメを忘れたので、携帯で撮った。やはり、携帯は、映りがよくない。実物は、ほんと、きれいだ。


 午後からは、完成検査に立ち会った。
 現場は・・・・・・
北川ic

 この現場だ。写真は、先日、ある発注機関の文化財調査のため撮影に飛んだセスナで撮ってもらった。「ついで」ということで、とお願いしたら、信じられないくらい安くしていただいた。

 さて、明日からは、4月、公的機関の新年度開始である。
 まだまだ、いろいろな諸問題を解決していかねばならない。
 
 では。

 追記。

 上の、アンダーラインの文章を英訳してみる。
 
 Today, the road to and from the scene, ran a road tunnel is like a row of cherry blossom trees. I, from cherry blossoms, cherry-like.
Some of the young leaves and green, the petals of cherry blossoms bungled surface flash, and a sprinkling of the remaining, most, I think beautiful.

 ・・・となる、らしい。間違っているかもしれない。
 キングソフト辞書を使ってみた。



 
スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005  日々(いや、気のむくままに)読み書き. all rights reserved.